What’s M grade

Mグレードについて

M grade certified factory

伸和工業所はMグレード取得工場です

伸和工業所では、鉄骨製作工場の性能評価機関である全国鉄骨評価機構の性能評価を受け、国土交通大臣の審査を経て認定を受けたMグレード取得工場です。認定を受けることにより施工の幅がひろがり、鋼構造物から中高層ビル、個人宅など幅広い建築物、鉄骨金物の製作・加工に対応することが可能となります。

What’s Certification system

鉄骨製作工場認定制度とMグレード

鉄骨製作工場認定制度とは、鉄骨製作工場の品質、建築鉄骨の生産・供給に必要な品質管理能力や技術力に合わせて鉄骨工場を評価・認定する制度です。
国土交通省指定性能評価機関である日本鉄骨評価センターが、品質管理体制、製造設備と検査設備の管理体制、製作実績や品質管理状況などについて厳正な評価を行い、これに基づき国土交通大臣が下表のとおり建設規模・使用鋼材の適用範囲に応じ、5グレード(S、H、M、R、J)に区分し認定します。

Mグレードの製作可能な範囲

  • ・鉄骨溶接構造 階高など規模による規定なし(無制限)
  • ・400N級および490N級炭素鋼で板厚40mm以下の鋼材
  • ・作業条件は原則下向きおよび横向き溶接

Sグレードを取得している企業は国内でも数が少なく、Hグレードの取得も大企業がほとんど。伸和工業所は、企業規模に対してMグレードという高いグレードを取得しており、お客様から頼れる工場として日々研鑽を続けています。

各グレードの適用範囲

横スクロールでご覧ください

J R M H S
対象建築物 3階以下の
低層ビル
5階以下の
中高層ビル
中高層ビル 高層ビル 超大型高層ビル
橋梁など
建築物の高さ制限 13m以下 20m以下 制限なし 制限なし 制限なし
建築物の延床面積 500㎡以下 3,000㎡以下 制限なし 制限なし 制限なし
使用鋼材 種類 400N 490Nまで 490Nまで 520Nまで 制限なし
板厚 16mm以下 25mm以下 40mm以下 60mm以下 制限なし
通しダイアフラム 490Nまで
22mm以下
32mm以下 50mm以下 70mm以下 制限なし
ベースプレート 490Nまで
50mm以下
50mm以下 制限なし 制限なし 制限なし